職場では紙コップを使うべき

職場で使用していた陶器製のコップ(¥108)を紙コップに変えてみた

陶器製コップを使っていたが不便に感じる点があった。

陶器製コップは洗う必要がある
 →帰り際、洗い場が混む → すぐに洗えない → 職場を出るのが遅くなる
 →帰り際、洗い場が混む → 待ち人同士で会話が発生 → 職場を出るのが遅くなる
  →よって、道路が渋滞する前に職場をでることができず渋滞にハマる
   →渋滞にハマることで約10分帰宅時刻が後ろにズレる

 →職員等が使用しているスポンジが置いてある
  →人によりスポンジの扱い方が異なるため衛生的によろしくないと感じ手で洗う
   →洗い残しが発生する
    →衛生的によろしくない(輪廻)

これらの理由により日々少しづつストレスが蓄積されていくことに気がついたため解決策を設けた。それが紙コップ。紙であれば洗う必要性がないためストレスの原因から解放される。

そこでコスト面が気になる。 Amazonで販売されているコップは¥385。100個入りのため1個あたり¥3.85円。ひと月で20個使うと考えるとひと月¥77。これまで感じていたストレス及び時間の浪費とひと月¥77を天秤にかける。

¥77でストレスから解放され時間投資になる。めっちゃいいじゃん。
ただしオロナミンCを飲む際は、デスクの上に検尿コップが置いてあると勘違いされる可能性もあるため覚悟すること