スクレイピングで役に立つIEの便利な機能を見つけてショックだった話

以前書いた記事 こちら↓

atc.hateblo.jp

PythonSeleniumを使ってブラウザを操作することで毎朝のルーティンを自動化しましたという話です。ブラウザ上を何度も遷移してファイルを添付していくスクリプトを書きました。遷移するには要素をクリックする必要があり、HTMLからidを探してくる必要がある(XPathでも構わない)んですが、当時はIEの開発者ツールでDOM要素の強調表示をオンにしてちまちま階層を潜って探していました。FirefoxChromeXPathを即行で取得できるアドオンがあるのは知っていたのですが、IEにはどうせないだろと、IE使いづらいよぉ~と高を括っていたのですが...


ナメていました。


アドオンなど必要なく、ブラウザ上で右クリック→「要素の検査」をクリックすれば即行お目当ての要素にたどり着けることを先日、知りました。

beginners-hp.com

無知は罪ですね、IEさんごめんなさい。より快適な方法を探す癖を身につけないと後悔することを実感しました。ただ拡大率100%じゃないとSeleniumが使えないのは許すまじですよマジ。というかファイル添付に使うシステムがIEじゃないと動かないというのが許すまじ。