「食」を学び、漠然と食品を選ぶことをやめた話

「食」を学ぶまで

今年になってから「死ぬときに後悔しない人生を送りたい」と考えるようになりました。なぜか?今の仕事が退屈で自分の人生の幸せに寄与する要素がなかったからです。自分を成長させてくれることもなく、ただひたすら定められた事務作業を行うばかり。そんなことに1日の大半を使っている現状に気がつき、生きている意味や理想の生活を送る事への欲求が日に日に強くなっていきました。

自分の貴重な時間をつぎ込んでも良いと思える事を見つけようと、プログラミングを始めたり、ブログを始めたり、運動を始めたりとしているのですが、最も時間をつぎ込んでいるのが読書です。

最近になって食事に関する本を読みました。人生の三大欲求の1つの質を向上させれば幸せになれそうじゃない?と思い手に取ってみたのです。

そして、本で得た知識を自分の生活に取り入れることを始めました。ただ漠然とTVやネットで見た健康っぽい食品を選ぶのではなく、自分で勉強して食品を選ぶようになりました。

本記事では「食」を学んだことによる私自身の変化と、感じたメリットを書いていこうと思います。

これまでの食品選び

私は現在23歳、ひとり暮らし4年目のメンズです。

月曜日の仕事終わり、スーパー「カスミ」に行きます。
納豆・パックのサラダ・豚バラ・キムチ・チョコとせんべいを購入し、実家からもらった白米を炊きます。
夕飯は豚バラをレンチンし、購入した食材と白米で適当に食べます。 昼は職場で頼んでいる仕出し弁当でした。

食品チョイスの指針は「感覚」です。
 納豆:なんか健康そう!
 キムチ:野菜だから健康そう!
 豚バラ:体力つきそう!
 食パン:トースター使えばすぐに食える
 仕出し弁当:おかずの種類いっぱいで健康そう!
 チョコ:好き
 せんべい:お米だから体には悪くなさそう

テーマは「多分健康的な食事!調理・保存・後片付けが楽ちん!」です。
異常なまでにめんどくさがりなので、基本パックものです。
自分は健康な食品を食べていると思っていましたが、同時に不安もありました。本当に健康的なのか?と

「食」を学んでからの食品選び ―今週―

月曜日の仕事終わり、スーパー「カスミ」に行きます。
鶏もも肉・サバの切り身・たまねぎ・ぎゃべつ・にんじん・ほうれんそうなどの野菜・納豆・カカオ90%のチョコ・を購入し、Amazonで購入した玄米を炊きます。
夕飯はルクエのスチームケースに野菜と鶏肉とサバを入れ、オリーブオイルをかけてレンチンしたもの、納豆、玄米を食べます。食後のちょっとしたおやつとしてカカオ90%のチョコを食べます。
朝は普段は食べませんが最近風邪をひいたので薬を飲むためにご飯と納豆を食べます、昼は玄米と冷凍食品(野菜と魚の揚げ物)を入れたお弁当です。


食品チョイスの指針は「エビデンス(科学的根拠)」です。
 オリーブオイル: ※1
 カカオ90%のチョコ:※4
 野菜類: ※1
 サバ: ※1
 鶏もも肉: ※1
 玄米: ※2 ※3
 納豆: ロンドン大学の研究:発酵食品をよく食べるものほど心疾患や糖尿病にかかりにくく、早期死亡率も低い
 

www.ncbi.nlm.nih.gov ※1 地中海食の栄養指導を受けたグループはそうでないグループに比べて脳卒中その他の病気にかかるリスクが29%低いなど...

www.bmj.com ※2 白米の摂取量が増えるほど糖尿病のリスクが増えるなど...

www.ncbi.nlm.nih.gov ※3 茶色い炭水化物を食べるグループはそうでないグループに比べて22%死亡率が低かったなど...

www.ncbi.nlm.nih.gov ※4 脳卒中のリスク低下

調理については、ルクエのスチームケースという商品を使えば簡単に蒸し料理を作ることができると知り、買ってみました。具材は小分けにしておくため調理時間は5分、洗い物もお箸とスチームケースだけ。めんどくさがりの私にはぴったりです。

f:id:Atc:20180905190036j:plain

昨日の晩ごはん

www.lekue.com Amazonでも売ってます。一人暮らしなら一番小さいサイズで十分でした。

「食」を学んでよかったこと

迷わない

何を食べるか迷わなくなりました。「感覚」ではなく「知識」を指針としてチョイスしていくので、それに従えばよいだけ。外食をしていても「何食うかな~」って迷いがなくなりました。カスミでの滞在時間も1/3に減りました。時間を有効活用できますね。   
「今日の夕飯なにがよい?」「う~ん、なんでもいい!!」ってやり取りで夫婦が険悪ムードになる実体験系4コマとかありますが、エビデンスを知っとけば解決するはず?

自信を持てる

具体的な根拠があるので健康になっていると実感できます。自信が持てれば運動や他の学習にも意欲的になり、心身共にも健康的になります。

広告にだまされない

TVなどの健康食品に関する広告は我々を健康にすることが目的でしょうか?それとも儲けることが目的でしょうか?知識があれば余計な時間と出費がなくなるのではないかと思います

モチベーションを維持すること

健康な食事をしていても、調理や保存に負担を感じているなら別の方法を取った方がよいと思います。私の以前の食生活では、納豆やパックに入ったサラダなど、"調理""保存"が楽で"後片付け"をしなくてよい食品を選んでました。理由はめんどくさいからです。「食」について学んだあともなるべく楽をすることを意識しています。
調理はスチームケースでレンチンだけ・1日分に小分けして冷蔵庫で保存・洗い物は箸とスチームケースだけ。又、「BASE FOOD社のBASE PASTA」なるものも常備してあります。2分ゆでるだけで健康的な食事が可能な完全食です。なにもかもめんどくさい時にはこれを食べます。このように、負担を分散できる逃げ道を作っておくことが、健康な食生活を持続できるコツかと思います。

basefood.co.jp

あと、たまには気にせず好きな物も食べます。マックのダブルチーズバーガーが大大大好きです。トムヤムクンヌードルも好きです。

エビデンスは絶対ではないということ

エビデンスによって健康的だと証明された食品が絶対に良いと限りません。しかし、健康になれる可能性は高いです。そのような食品を意識的に摂取することを続ければ、健康に暮らせる可能性も高まります。逆に何もしなければ、健康に暮らせる可能性が高まることはありません。

エビデンスの中にも信憑性の高いもの低いものがありますが、それをしっかり判断して自分で考えることが重要だと思います。(でも実際英語を読むのはだるいので、本で得た知識をそのまま信じてしまう私です。お金を払って買った本なんだし、大丈夫っしょ!?)

エビデンスのレベルについて

参考文献

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
取るべきではない食品が知りたいと思い購入しましたが、思ったとおりでした。新しいものを取り入れるのには苦労しますが、その逆であれば避ければ良いだけなので、実現しやすく非常にためになりました。

最高の体調
食以外にも様々な実生活に役立つ具体的なメソッドを紹介しています。

もっとおいしく、ながーく安心 食品の保存テク
食材の保存方法について、Googleで「食材 保存方法」で検索すれば出てきますが、食材毎にページが分かれていたり前置きが長くて萎えます。Kindleでこの本を買っておけばいつでもどこでも見られるし、図で分かりやすく簡潔に書かれてあるし、ワードで検索すれば直ぐにヒットするのでかなりおすすめです。

おわりに

私の食生活はまだまだ開発段階です。もっと野菜を取り入れたいし果物も食べたいです。又、本当は間違っていることを取り入れているかも知れません。まぁその時はまた本とか読んで更新していけば良いと思ってます。自分のやっていることに自信が持てれば人生に自信が持てる。それが次のチャレンジへのガソリンになると信じています。

今回最も重要なのは、食について学んでみて意識が変わったことです。今よりも良いと思われる方法が見つかれば改善していく、それを怠らぬようにしたいです。