06_Pythonノート記録_#if #for

05の続き

<if文>

#01 変数aの数字を判定
a = 150
if a > 100:
	print("100より大きい")
elif a  == 100:
	print("100ちょうど")
elif a < 100:
	print("100より小さい")
↓結果
100より大きい

《観察》
elif a < 100: は else でも同じか

#andを使ってif

#02 2つの条件を満たしていれば"あたり"が表示される
a = 50
b = 20
if a < 100 and 15 < b:
	print("あたり")
else:
	prnt("はずれ")
↓結果
あたり

#orを使ってif

#03 片方の条件に当たっていれば"あたり"
a = 50
if a > 40 or a = 20:
	print("あたり")
else:
	print("残念")
↓結果
あたり

#notを使ってif

#04_bより大きくなければイケる
a = 49
b = 50
if not a > b:
	print("イケる")
else:
	print("イケない")
↓結果
イケる

<for>

#01_リストの要素で繰り返す

flute = ["リンゴ","バナナ","イチジク","オレンジ"]
for fl in flute:
	print(fl)
↓結果
リンゴ
バナナ
イチジク
オレンジ

《観察》
繰り返す順番はシーケンス中に要素が現れる順番である

#02_回数を指定して繰り返す

for kuri in range(5):
	print(kuri)
↓結果
0
1
2
3
4


#03範囲を指定して繰り返す

for hani in range(50, 55):
	print(hani)
↓結果
50
51
52
53
54
55

#04範囲と間隔を指定して繰り返す

for kan in range(2, 10, 3):
	print(kan)
↓結果
2
5
8

《ハック》広田まできたら表示をやめる

human = ["佐藤","中島","南方","広田","今田","今泉"]
for nin in human:
	print(nin)
	if nin == "広田": break
↓結果
佐藤
中島
南方
広田


#文字列の隣に文字列を表示

flute = ["apple", "banana", "orange", "kiwi"]
for f in flute:
	print(f + "の文字数は" + str(len(f)) + "です")
↓
appleの文字数は5です
bananaの文字数は6です
orangeの文字数は6です
kiwiの文字数は4です

《観察》
len()では数値を出してくれるので、print時はstrに変換する必要あり。
変換しないとエラー
>>>Can't convert 'int' object to str implicitly
>>>intを暗黙的にstrには変換できない。手動でやりなさい的なニュアンス?
|

#スライスを使ったらどうなるの
#インデックス指定なし

flute = ["apple", "banana", "orange", "kiwi"]
for f in flute[:]:
	print(f)
↓
apple
banana
orange
kiwi

#インデックス指定あり

for f in flute[1:]:
	print(f)
↓
banana
orange
kiwi

《観察》
指定したインデックス番号の要素からはじまる

#range()関数

for AA in range(4):
	print(AA)
↓
0
1
2
3

#rangeの値を指定して遊んでみる
#範囲を指定

for AA in range(20, 22):
	print(AA)
↓
20
21

#範囲と間隔を指定

for AA in range(1 , 100, 39):
	print(AA)
↓
1
40
79

《観察》
for文行おしりに:(コロン)を付け忘れることが多々あるので注意

#インデックス番号の隣に対応する要素を表示させる
#出席番号を摸する

b3 = ["欠番","相沢", "伊藤", "上田", "江口", "小沢"]
for num in range(len(b3)):  #b3のlen=b3の要素数をnumに代入していく
	print(num, b3[num])  #(要素数,リストb3の要素数番目の要素)0 欠番
1 相沢
2 伊藤
3 上田
4 江口
5 小沢

ここで終了↓
4. その他の制御フローツール — Python 3.6.4 ドキュメント